売れる営業のコツ【話を聞く】

営業

こんにちは、グンマのヤマネコです。

売れる営業のコツというテーマで前回

売れる営業のコツ【困ってること解決する】
というテーマで書きました。

今回は別のテーマで書いていこうと思います。
営業の本とかYoutubeとか見ていると共通してみんな、言ってることがあります。
それが今回のテーマ【話を聞く】ということです。

なので

売れる営業のコツ【話を聞く】

今回はこのテーマでやっていきます。

記事の対象の方

営業をしてるけどいまいち成績が伸びないなぁ、いい方法ないかなぁって考えている人
成果をだしたいなぁと思ってる人、また自分がやってることが正しいのか知りたいなぁ
前回の内容読んだけどまだ足らないなぁ

上記の人のお悩みを解決します。
書いてることは当たり前のことですが、僕が営業始めるときには気づかなかったことです。
なので自分があってるか悩んでる方も参考にしていただければと思います。

記事の信頼性

僕の名前はグンマのヤマネコと申します。
パソコンの営業を続けていて、アルバイトから正社員になりました。

続けていくことで気づいたことがあるので、参考にしていただければと思ってこの記事を書いています。

というわけで本題です。

話を聞く

上記に書いたとおり、営業の本を読んだり、動画を見たりすると大体話しを聞くということに集約されてることがわかります。
その話を聞くということはどういうことなのか

困ってること解決する為に話を聞く

今何を解決したいのか、これは聞くことでしか解決ができません。
前回の内容 売れる営業のコツ【困ってること解決する】
を解決するためにはまず話を聞くほかないのです

楽しくさせる

楽しくならないと人は物を買わないです。商品を買う時とは未来が見えるときだと思います。

スマホを買う→スマホで便利になる→だから買う

だと思うんですよね、このスマホで便利になるが見えなかったら人は買わないと思います。
その楽しさや便利さを知ってもらうためにも楽しくなってもらったほうが人は物を買います。

自分を好きになってもらう

多く触れたものに人は好きになると言われています。
得意な教科を思い浮かべてください。どうですか?いっぱい勉強したんじゃないでしょうか。

逆に苦手な教科を思い浮かべてください。あまりやってないと思うんですね。

そのためにも話をよく聞き、楽しくなってもらって、自分も好きになってもらったほうが良いです。

話を聞くということはどういうことなのか

単に話を聞くといってもどういうことなんでしょうか?相手も聞き方によっては答えてくれません。
必要なことは相手が話したいことを聞くということです。

相手を肯定して、楽しくなって、自分を好きになってもらい聞いてほしい悩みを聞き出す。
これが営業においての話を聞くだと僕は考えております。

それに対しての解決作、商品を提供するのです。
その結果、内容に対する相手の価値、価格、納期に折り合いが付けば購入に至ると思うのです。

まとめ:相手の話を聞いて買ってもらおう

  • ・困ってること解決するために聞く
  • ・楽しくなってもらうために聞く
  • ・自分を好きになってもらうために聞く

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください