【解像度】意外と知らない?1080iと1080pの違いについて【モニタ】

TIPS

非常に読みづらい記事だったので大幅にリニューアルしました

モニタやキャプチャーボードを買おうと思って解像度を見ていると1080iとか1080pという表記があるけどよくわからない!意味不明!という方向けの記事です。


1分ほどで読めます。

ちょっとだけ僕の紹介をさせてください。

僕、グンマのヤマネコ(@gunmanoyamaneko)は現役のパソコンやスマホのサポート担当で、毎年1000人以上のパソコンや、スマホの初心者にサポートやレクチャーをしています。

またパソコンやモニタの販売もしてますので、その商品知識を存分に活かせればと思ってこの記事を書いています。

本記事の内容

  • そもそも1080の数字とは?
  • 脱線:HDやフルハイビジョンってなんだろう
  • iとpの違いとは
  • 今回の記事のまとめ

そもそも1080の数字とは?

画面の縦のピクセル数です。

1920×1080がフルHDとかよく聞きますよね。
1920×1080とかはピクセルがその数並んでるということです。

ピクセルってなに?

ピクセル=画素
色情報を持つ最小単位のことだそうです。

脱線:HDやフルハイビジョンってなんだろう

HDとはHigh Definitionの略です。

NHKが自ら開発したハイビジョンと以前からあったMUSE方式を統一して、「高品位テレビ」の英訳として”High Definition Television”という言葉を使って欧米で精力的な標準化活動を続けたとのこと
HDの語源はここから来ている可能性が高そうですね。

1920×1080をそのまま再生出来るものに、各メーカが差別化を図るため便宜上付けたのがフルHD

フルHDはメーカーによってそれぞれ呼び名が異なるそうです。

  • パナソニック|フルHD
  • 東芝|フルHD
  • ソニー|Full HD 1080
  • シャープ|フルスペックハイビジョン
  • 日立|1080 FULL HD
  • ビクター|Full Hi-Vision

フルハイビジョンとは

フルハイビジョンというのはハイビジョンの最高画質1920×1080の解像度でそのまま出力できるテレビのことを指すそうです。
今でこそ4Kのデジタル放送が始まっておりますが、元々地デジは1440×1080なのでその当時の地デジはフルハイビジョンではなかったみたいですね。

脱線はこの辺にしましてここから本題に戻ります。

iとpの違いについて


もちろん1080に関しては前項で述べたようにピクセルの縦の数ですが語尾につくアルファベットはどのような意味があるのでしょうか

それぞれの頭文字

  • インターレース走査の頭文字でi
  • プログレッシブ操作の頭文字でp

インターレース走査とは

間を編むという意味でインターはカーテンを編むような意味だそうです。
飛び飛びで画像を送りそれを表示せていく方式のようですね。

プログレッシブ方式とは

単純にインターレース走査の逆で上から順番に表示する方式のようです。

時代の流れとともにインターレース走査からプログレッシブへ変化していった模様

アナログ時代にはインターレース走査での技術が必要でそれを初期デジタルのころにも
使ってはいたが技術が進歩してプログレッシブ方式で出せるようになったってことですね。
線で表示してたのを絵で表示できるようになったということなんですね。
当然線で表示するよりも絵で表示した方が画質は自然とよくなります。

この記事のまとめ

  • 1080は縦のピクセル(画素)の数
  • フルハイビジョンは1920×1080の解像度でそのまま再生できる技術
  • 1080iのiはインターレース走査の略でインターレース走査は線で表示するような技術
  • 1080pのpはプログレッシブ方式の略で上から順番に表示する方式つまり絵で表示するような技術
  • 線で表示するよりも絵で表示できたほうが当然綺麗な映像になりやすい。

参考にしたサイト
ハイビジョンとHD – 佐助の部屋 
ハイビジョン – Wikipedia
フルハイビジョン – ハミングヘッズ

人気記事【解像度】意外と知らない?1080iと1080pの違いについて【モニタ】

人気記事【FF14】ACTを導入しました。詰まりやすい部分を紹介。

人気記事icloud.comのメールソフトの設定の仕方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。