【洋画感想】ミュータントニンジャタートルズ:影<シャドウ>を見た

2017年2月7日

レンタルが始まったので借りてみてみた。

思い出補正に負けない良作

ミュータントタートルズを昔見てたときが実際に何年だか覚えてはいないのだが、僕は1988年生まれだし
2003年の時には見た記憶がないのでおそらく1987年版の再放送か何かを見たんだろうと思う。

この映画は遠い昔に見た記憶を思い出させてくれるとても良い映画である。

ヒロインが一緒なのでトランスフォーマーがよぎってしまうが

あの作品同様に思い出補正に負けない作品だということが前作で分かった。

ネタバレになるので避けるが今作で出てくるヴィランや前作でも出てきたシュレッダーを見ているとただただ懐かしくなる。

ちょっと話は外れるが前作でのシュレッダーが誰だか覚えていないのだけれど

違う配役になっているらしい。

tmnt-19
▲前作のシュレッダーさん 出典:gigazine.net/news/20140328-tmnt-trailer/
Shredder
▲今作のシュレッダーさん出典:news.aol.jp/2016/08/25/tmnt-shadows/

 

 

実写化に失敗した作品とは一線を画す

この作品は2014年に出たミュータント・ニンジャ・タートルズの続編だ。

前作を見るときには正直不安がよぎった。とても実写化できるものではないと思っていたからだ。

邦画でいう進撃の巨人やGANTZ,テラフォーマーズのようにならないかと不安であった。

そこはハリウッドやはり規模が違う。

 

少し残念な部分

この作品がとてもよくできていたので、Wikipediaやら1987年のアニメを少し見てみたところ

前作ではスプリンター師匠の誕生の秘密が省かれていてそこは少し残念に思った。

またヒロインが前作と今作同じ人なのだが、そのヒロインが美人ではあるのだがいまいち印象に残らない。

僕の会社のハーフの同僚が言っていたのだが、売れないAV女優と海外では言われてるらしい(出典不明)

 

結論

少し残念になる部分があるとしてもアメコミファンアクション映画ファンにとっては避けては通れないとても良いタイトルだと言うことである。

食指が動いていないとみていない人はもったいない。今すぐにTSUTAYAかGEOで借りてくるべきだ。

 

以上、グンマのヤマネコでした。

 

ヘッダー画像出典:tmnt-shadows.jp/iy/