【洋画】ジャングルブック【ディズニー実写映画】

2017年6月8日

主演:ニールセティ 監督:ジョン・ファブロー

一昨日公開だったので、見てまいりましたジャングルブック。

監督はアイアンマン1,2,3とアヴェンジャーズエイジオブウルトロン
の監督でもあり、警備員として出演もしていたジョン・ファブロー

最近ではyoutubeの動画のプロデュースとかも始めたとかなんとか

既存の映画、ドラマ、アニメ、原作は未見。

感想結論

ゴメン、微妙だった。ホロリときたシーンは2回ほどあったのだけれど予測のとれた感動でしかなかった。自分の中ではインサイドマイヘッドの次に自分が見たディズニー映画史上の中で微妙作
好きな人ごめんね。

正直期待しすぎたかもしれない。自分が生涯一番見たであろうアイアンマンの監督が
監督をやっていて、ディズニーなんだから面白いだろうと思ってしまった期待してしまった。

自分は期待してそこまでに至らなかった場合の評価の落差が大きいかもしれません。

前回見たのが劇場でズートピア、ソフトでアーロと少年だったので、内容がちと被ってたのもあるかもしれない。(そちらはまた今度感想文書きます。)

自分はどうなんだろうかアニメとか原作見てたらこれが実写化したことによって感動があったのだろうか。

内容としてはジャングルにはジャングルのルールがあって、そこに人間が入ることによって色々摩擦が生じてしまう内容
正直今の時期にターザンもやっているし、どういう意図で作ったんだろうと勘ぐってしまいます。

dvdやhuluのような見放題サービスだったらここまで言わなかったかもしれません。

というわけで微妙でした!
次はシン・ゴジラ劇場で見ます。

おまけ

ディズニーとは関係ありませんがCGネタで一つ
カンフーパンダ3がネットフリックスで公開のようですね

2見たかどうか覚えていませんがhuluにあったと思うので見直して感想文そのうち書こうと思います。