【3DS】メトロイドサムスリターンズがオモロイド

2017年11月27日

おはようございます。グンマのヤマネコ(@gunmanoyamaneko)です。

 

3DSのメトロイドサムスリターンズが面白い

 

最近メトロイドの話題を出すと意外にも知らない人が多くてびっくりしますね。

任天堂のゲームだけど知名度が低いような気がします。(僕の周りだけかもしれませんが)

知らない人でもこの人は知ってるでしょう↓

参考:https://middle-edge.jp/articles/Ihj5T

 

大乱闘スマッシュブラザーズでおなじみですね。

お世話になった人が多いんじゃないでしょうか。

メトロイドの主人公サムスアランです。

中身は女性です。↓

参考:https://twitter.com/samus_aran_ssb

 

ちなみにメトロイドというのはこのサムスアランのことではありません。こいつです↓

一般的に『メトロイド』とは、透明な緑色の皮膜に赤い核、4本の下アゴを持つクラゲの様な容姿を示す。常に空中を浮遊しながら、他の生命体に密接して、生命エネルギーを吸収し、「浮遊生命体」とも呼ばれる。β線を照射するだけで分裂・増殖(クローン)する特性を持つ。また、活動環境や様々な外部要因によって成長・変態を行う。

元々はゼーベス系鳥人族が惑星SR388に生息する寄生生命体X(エックス)を根絶するべく開発していた人工生命体で、Xに対する完璧な免疫を持つ。同惑星で開発・研究が行われていたが、スペースパイレーツに惑星ゼーベスを侵略された事で、鳥人族の管理下を離れ野生化、本能に従いあらゆるエネルギーを吸収し尽くす凶暴な生命体へと変貌した。生体兵器として優れた生態を持っており、スペースパイレーツ等が度々軍事利用を目論むため、多くの作品における事件の発端・およびシリーズの中核要素を担う存在となっている。

メトロイドと言う名称は、鳥人族の古い言葉で「最強なる戦士」という意味を持つ[1]。また、ゲーム開発者曰く「地下鉄(メトロ)とアンドロイドを融合させた造語で、地下迷宮を探索するゲームシステムから連想したものである」と答えている[2]

 

海外ではジャンル名になるほど人気

任天堂のゲームとしてはマイナーな部類に入るメトロイドですが

海外ではすごく人気がありまして、似たような探索してアイテムでパワーアップする

アクションゲームのことを

メトロイドと、悪魔城ドラキュラの洋題であるキャッスルヴァニアを合わせて

メトロイドヴァニアというジャンルとして呼ぶことがあります。

Steamだとメトロイドヴァニアのゲームは↓とかがあります。

 

http://store.steampowered.com/app/428550/Momodora_Reverie_Under_The_Moonlight/

http://store.steampowered.com/app/400910/RabiRibi/

 

ちょっとずれましたが、話はメトロイドに戻ります。

 

 

 

筆者は1作目メトロイド、2作目メトロイド2はやってなくて

  • 3作目スーパーメトロイド

  • 4作目メトロイドフュージョン

  • 初代のリメイクメトロイドゼロミッション

 

この3作はプレイ済み、メトロイドアザーエムはやったんですけど覚えてないですね。

 

1作目はゼロミッションで一応プレイしてるわけなんですが2に関しては一回もプレイしたことがありませんでした。

 

プライムシリーズは3とハンターズはあまりやってませんが1と2はクリアしました。

 

そんな中出たゲームボーイで出た2のリメイクが今作メトロイドサムスリターンズです。

https://www.nintendo.co.jp/3ds/a9aj/pc/index.html

 

スキャナという機能を使うことによってアイテムの位置がわかるので

ヌルゲーになってると思いきや、アクション要素が高くなってるのでアイテムの場所がわかったところで面白さは変わらないと思います。

ガチガチなハードなメトロイドがやりたければスキャナを使わない縛りすればよいだけですから親切設計ですね。

今まで僕がプレイしてきた作品よりもアクションよりの要素が強い感じがしました。

スイッチや、スマホで良い傾向にある任天堂らしくとても素晴らしいコンテンツに仕上がってます。メトロイドやったことない人もやったことある人も勧められる良作です。

気になった方はぜひ。

 

以上、グンマのヤマネコでした。

 

TOP,アイキャッチ参考:https://www.nintendo.co.jp/3ds/a9aj/pc/index.html