【GTA5】PUBGみたいな極秘空輸アップデート配信

 

 

おはようございます。グンマのヤマネコ(@gunmanoyamaneko)です。

 

 

PUBGみたいなアップデートがGTAで入るぞー

まずはトレイラーを見てほしい

https://ja.socialclub.rockstargames.com/news/article/60260/GTA-Online-Smuggler-s-Run-Now-Available

 

大幅な航空機や車両のアップデート

PUBGみたいなアップデートとはあまり関係ないんですが今回のアップデートには

航空機や車両のアップデートが大量に含まれています。

ブラックナイト山田さんの動画によるとロックスターが

株価が落ちてる関係で大きなテコ入れをしているとのことでした↓

 

バッキンガム アルファ-Z1 – スピード狂の理想にして、密輸業者御用達の逃走用航空機です。エンジン:4気筒、固定ピッチ。翼面積:6.13平方メートル。最高速度:死に至る。エリータス・トラベルで販売されます。

LF-22 スターリング – 滑走路の上でゆっくりと加速し飛行体制を整えて、この騒ぎは一体何なのかと思いを巡らせた次の瞬間、高度60mでロケットのように燃える軌道を描きながら更に急上昇!小さな点になって成層圏を目指しましょう。LF-22 スターリングにはロケットが搭載され、オプションは追尾ミサイルや爆弾など、パンチの効いたラインナップです。ウォーストック・キャッシュ&キャリーで販売されます。

マンモス トゥーラ – 昔、いつも10徳ナイフを持ち歩いてる子がいませんでしたか?その子は友達が多かったですか?彼女はいましたか?もしその子が無事に高校を卒業できたなら、10徳ナイフからトゥーラにアップグレードしてたでしょう。4基のプロペラを備えたこの怪物は、垂直離着陸と水上着陸が可能で、砲塔と爆弾倉を擁するスペース、さらにJATOアップグレードも可能という「全部盛り」です。備えあれば憂いなし。ウォーストック・キャッシュ&キャリーで販売されます。

 

ナガサキ ハボック – 戦術航空支援の世界では大が小を兼ねる…というのは間違いです。超小型で操作性のよさが売りのハボックがこれ以上小型化されたら、地面で携帯アプリを使って操縦するしかなくなります。マシンガンアップグレードを追加して、交渉を有利に進めましょう。エリータス・トラベルで販売されます。

ナガサキ ウルトラライト – アメリカ人なら、一度は大空を駆け上る鷲に見とれたことがあるはずです。何の迷いもなく、自然と一体となり、何百万年の進化の中で磨き抜かれた無駄のないフォルムと正確さで空を切る姿に、これほど雄大で、威厳のある超越的な存在が他にあるだろうかと考えたことがあるのでは?その疑問の答えは、この機体です。エリータス・トラベルで販売されます。

V-65 モロトク – 猛烈な威力と洗練されたスタイルの広告塔とも言えるV-65 モロトクは、発展途上国の軍事政府や独裁政権によって再生産され続けてきましたが、その理由は攻撃の効率と破壊力の高さやパイロットの快適性と安全性を度外視した設計だけではありません。一目見れば、離陸する前に勝利宣言ができるほどの機体の威容にあるのです。ウォーストック・キャッシュ&キャリーで販売されます。

ウェスタン ローグ – 素人からすれば、ローグは昔ながらのプロペラ1個を備えた訓練用飛行機にしか見えないでしょう。そう思わせておけるところがポイントなのです。内部にはマシンガン、ミサイル、対妨害デコイを積載できるスペースとフルサイズの爆弾倉を備えているので、油断している素人どもを蹴散らし放題というわけです。ウォーストック・キャッシュ&キャリーで販売されます。

航空機は7種類追加になっていて、車両も多数追加されてるらしく詳しくは

ブラックナイト山田さんの動画で紹介されてるのでそっちをみてください。

ちなみに勝手にシェアしてるだけです。

 

PUBGみたいな敵対モードが追加

こっちがメインですね。

https://ja.socialclub.rockstargames.com/news/article/60260/GTA-Online-Smuggler-s-Run-Now-Available

新敵対モード「車両乱戦」
ドロップゾーンの興奮とロック・インの緊迫感を併せ持つこの敵対モードは、2位では決して許されない、命がけの借り物競争を行います。最大4チームが、一定時間ごとに狭くなる、武器、爆薬、戦闘用車両が散らばった戦闘エリアにパラシュートで降下します。チームメイトと協力して、縮むマップと敵チームに挑み生き残れば勝利です。

完全にPUBGみたいな感じですね。ちなみに前日にプレイしてみようとしましたがランクが低すぎてけられてしまいました。何度も挑戦してみたいと思います(強気)

 

King of the Killはあんまり肌に合いませんでしたが、GTAならと期待してしまう部分もありますね。楽しみです。

 

 

以上、グンマのヤマネコでした。